ホーム > むし歯・小児歯科

むし歯・小児歯科について

むし歯・小児歯科について

むし歯について

むし歯の原因と症状
むし歯の原因と症状
むし歯とは、口腔内に残った食べ物のカス(歯垢、あるいはプラークと呼ばれます)に潜む、むし歯の原因菌から酸がつくられ、歯が溶かされていく病気のことです。

特に、歯と歯の間や、奥歯の噛み合わせなどは歯ブラシが届きにくいため、歯垢が残り、むし歯になりやすいので注意が必要です。
むし歯の初期段階では、痛みなどの自覚症状がないため、放置しがちです。
その後、むし歯が進行し、やがて痛みなどの症状が現れます。
進行するほど、治療も困難かつ大がかりになります。
自覚症状のないときに受ける定期健診を、強くおすすめします。
むし歯の治療について
むし歯の治療について
むし歯の治療の際、痛みに耐える自信のない方は、お気軽にお申し出ください。
特にお申し出がなく、治療の際の痛みの負担も軽いと判断される患者さまには、なるべく麻酔を使用しないのが、当院の方針です。
本来、むし歯の治療とは、痛さの具合などを確認しながら進めるものだからです。

ただし、治療そのものが患者さまのご負担にならないように、事前にきちんと説明をし、麻酔を使用する・使用しないにつきましては、ご納得いただいて進めます。
なお、治療の際に痛みが想定される重度のむし歯の場合、麻酔を使用した無痛治療に対応しておりますので、ご安心ください。

根管治療

根管治療
根管治療とは、歯を支える土台としての根(根管)を治療するもので、別名「歯の神経(歯髄)の治療」とも呼ばれています。

治療の進め方は、まず、むし歯になった部分を削り取り、歯の神経(歯髄)のあるところまで穴をあけます
その後、細菌感染により変質した歯髄を除去し、神経の通っている穴と、それにつながる根管の壁を少し削り、全体を清掃します。

非常に細かい作業になるため、相当な技術が必要ですが、ご自身の歯を長く機能させるための大切な治療です。

小児歯科について

「Tell・Show・Do(テル・ショウ・ドゥー)」で楽しく練習
「Tell・Show・Do(テル・ショウ・ドゥー)」で楽しく練習
歯医者が苦手だという大人の方の多くが、子どものころ、「放置したむし歯が痛くなり、仕方なく歯医者にかかった」という経験をお持ちのようです。

お子さまには、「歯医者=こわいところ」ではなく、「正しい歯磨きの仕方を、楽しく練習するところ」とイメージしてもらいたいと考えています。

かもめ歯科の小児歯科の治療方針は、「Tell・Show・Do(テル・ショウ・ドゥー)」
スタッフ自らがお子さまに「語り掛ける・やって見せる・実際に行う」というものです。
ベテラン歯科衛生士が、お子さまと一緒に、歯ブラシなどの器具を持ちながら、正しいブラッシングをわかりやすくご指導します。
「モデリング法」で身近な人から、歯磨きを楽しく学ぶ
「モデリング法」で身近な人から、歯磨きを楽しく学ぶ
お子さまにとって、歯科衛生士よりも、もっと身近な存在がいます。
それは、自分の兄姉です。
お兄ちゃん、お姉ちゃんにも一緒にご来院いただき、ブラッシングや治療を受ける様子を見てもらい、「ぼくにも、できるよね」と導く「モデリング法」も取り入れています。

また、治療をがんばった後には、ご褒美をあげる「トークンエコノミー法」も小児歯科に有効です。
フッ素塗布で虫歯の予防
「モデリング法」で身近な人から、歯磨きを楽しく学ぶ
虫歯になる原因に対して、フッ素塗布の働きが、「歯」と「お口の中の細菌」に作用し、虫歯になりにくくする効果があるとされています。
こどもの「生えたての乳歯」や「生えたての永久歯」は、歯の質が弱く虫歯になりやすいため、フッ素を塗ると予防効果を大きく期待できるとされています。とはいえ、ただフッ素を塗っても、歯磨きがきちんとできていない場合や、食事をダラダラと食べ続ける習慣がある場合には虫歯になる可能性がありますので注意が必要です。
ですので、かもめ歯科ではフッ素塗布はもちろんですが、フッ素を塗ったあとのご家庭での歯ブラシの使い方や、生活習慣の見直し等のアドバイスも行っており、ご家族の方と一緒にお子様の歯を守ります。
お子さまの歯の健康を守るのは、保護者です
お子さまの歯の健康を守るのは、保護者です
近年は、「歯の健康」に関する情報が浸透し、お子さまのブラッシングに注意をはらってくださる方、定期健診に親子で来られる方も増えていますが、ときには、むし歯だらけのお子さまもいらっしゃいます。

お子さまの歯の健康は、保護者の方の認識次第で大きく左右されます。

むし歯には適切な治療をいたしますが、生活習慣を変えない限り、またすぐにむし歯になってしまいます。
保護者の中には、お子さまの歯の健康維持に自信が持てないという方もいらっしゃると思います。
また、乳歯は永久歯に比較してむし歯になりやすいのも事実です。
ぜひ、親子で定期健診にお越しください。
お子さまの歯に異常がないかを調べるだけでなく、ご家庭での歯ブラシの使い方や、生活習慣についてアドバイスをします。
医療法人社団勝徳会 かもめ歯科 〒653-0023 兵庫県神戸市長田区東尻池新町1-20 イオン長田南ショッピングセンター 078-682-4182